ブログトップ

旅のメモ

tabimemo1.exblog.jp

2013年 08月 14日 ( 19 )

7月22日(月)まさかのショーペロ

バスが来ました。
中国人の女の子と目が合い、乗ろうか!とバスへ向かいました。
そこには、イタリア人が数人と、英語を話す観光客の男の子3人組と、行きのバスで一緒だった親子と、中国人の女の子と、私たち。(ほぼ外国人)
そんな私たちに向かって、バスの運転手さんが何か言っています。
私が唯一聞き取れた言葉。ショーペロ。

・・・まさかね。

中国人の女の子が、イタリア語で運転手さんにいろいろ聞いています。
そして、びっくりした顔をして、ケータイに何か入力して私たちに見せました。
「strike 停止」
あー・・・やっぱり・・・

で。私たちに、どうやって帰れと?
言葉の通じない外国の、しかもこんな辺鄙な場所。
このバスしか帰る手段がない私たちを、ここに置き去りにするつもり?
悩んでも考えても、何も思いつきません。

バスが来ないか待ってみたけど、次に来たバスも、やっぱり乗せてくれません。
その運転手さんが、「最終バスは、乗れるかも?」といったようです。
maybe
そんな言葉を信じて、ここにいるわけにも行きません。

中国人の女の子と3人で、どうしようか?とカタコトで話し合いました。
「タクシーは?」と言うと、彼女はハッとした顔をして、「3人でシェアする?」と言ってくれました。
私たちは、もちろん「する!する!!」と大賛成♪
そしたら、さっきまで近くにいなかった親子が「ファイブ!」と会話に入ってきました。
ほんとに、突然。
彼女は「5人乗れるタクシーは知らない。」と少し困った顔をしたけれど、どこかに電話をかけはじめました。自分の泊まっているオルヴィエートのホテルに電話して、ここまでタクシーを呼んでもらえるように頼んでくれたようでした。電話をかけながら、彼女は嬉しそうにその場で跳ねました!!嬉しいと、ほんとに跳ぶんです(笑)

30分ほど待つと、タクシーがやってきました。
私たち、帰れます!!


[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 22:29 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)チヴィタからバニョレージョへ

お土産を買ったり、写真を撮ったり、猫にかまったり。
楽しい時間は、あっという間に過ぎていきます。
私たちは、帰りにバニョレージョの郵便局で絵葉書を出す予定にしていたので、バスの時間より早めに街を出ました。

郵便局には窓口が二つあって、どちらも人が並んでいます。
どっちに並ぶんだろう?
突っ立っていると、中にいた人が私たちの絵葉書に気づいて、「こっちよ。」と教えてくれました。
イタリア人って、本当に親切!!

無事に葉書をだし、バス停に向かいました。
バスの時間まで少し余裕があったので、トイレも済まし、バス停へ。
行きのバスで一緒だった中国人の女の子も、そこにいました。
彼女は、会うたびにニコッとしてくれます。

隣のベンチに座って、バスが来るのを待ちました。
[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 21:55 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)チヴィタ・ディ・バニョレージョ(花)

お花もいっぱいの街でした。
e0247181_21432359.jpg

e0247181_21433259.jpg

e0247181_21434177.jpg

e0247181_21435117.jpg

e0247181_21435916.jpg

[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 21:46 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)チヴィタ・ディ・バニョレージョ(お昼ごはん)

お昼ごはんは、ここでと決めていました。
アーモイタリア・堂さんおすすめの、オリーブオイル農家さんです。
e0247181_21232459.jpg

e0247181_21233679.jpg

e0247181_21234553.jpg


白ワインは、プラコップで出てきます(笑)
飲みやすくて美味しいワインでした。
e0247181_21235521.jpg

トマトのブルスケッタ。
e0247181_2124490.jpg

チーズのブルスケッタ。
e0247181_21241496.jpg

この暖炉でパンを炙るようです。
e0247181_21242494.jpg
ブルスケッタ、すごく美味しかったです。
オイルが美味しいんでしょうね。

こちらのお店では、オリーブオイルを購入できます。
私は250mlの缶を、6缶購入しました。(1缶6ユーロ)
[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 21:32 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)チヴィタ・ディ・バニョレージョ(猫)

チヴィタも、猫の街のようです。
e0247181_21101256.jpg

e0247181_21102122.jpg

e0247181_21102999.jpg

e0247181_21121580.jpg

e0247181_21122454.jpg

e0247181_21123257.jpg

e0247181_2113374.jpg

[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 21:15 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)チヴィタ・ディ・バニョレージョ(教会)

この街の教会です。
e0247181_20573024.jpg

教会の前の広場は、土。
e0247181_20584486.jpg

この広場の周りには、腰かけられる出っ張りがあって、みんな腰かけてお喋りしています。私たちも、日陰で一休み。
バスで一緒だった中国人の女の子は、電話で誰かとお話し中でした。
電波が入りにくいのか、あっちへウロウロ、こっちへウロウロ(笑)
たまに目が合って、照れくさそうに笑ったり。
[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 21:03 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)チヴィタ・ディ・バニョレージョ(街並み)

絵本みたいです。
e0247181_20515748.jpg

e0247181_2052886.jpg

e0247181_20521883.jpg

e0247181_20524662.jpg

e0247181_20532083.jpg

e0247181_2053308.jpg

e0247181_20534020.jpg

e0247181_20534927.jpg

e0247181_2054041.jpg

[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 20:55 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)チヴィタ・ディ・バニョレージョ(門)

第一チヴィタ猫発見!
e0247181_20383486.jpg
オジサンが、ヴァイオリンを弾いていました。(観客の猫さんたち。)
まだ朝早いので、慣らし運転という感じ(笑)

ラピュタっぽいといえば、そんな風にも見える(笑)
e0247181_20392961.jpg

e0247181_20393887.jpg

e0247181_20394991.jpg

e0247181_2040044.jpg

[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 20:42 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)チヴィタ・ディ・バニョレージョ(外観)

見えました!
チヴィタ・ディ・バニョレージョです!!
e0247181_20171785.jpg

e0247181_20172665.jpg

橋は、バイクと写真に写ってるトラクターのような乗り物のみ通行可能だそうです。(これは、ごみ収集車みたいなモノです。)
e0247181_20173548.jpg

橋から右側と、
e0247181_20204055.jpg

左側。
e0247181_2021017.jpg

噂通り、天空の城、という感じです。
e0247181_20211232.jpg

最後の最後に、こんな急な坂が待っています。
涼しいうちに来てよかった。。。
写し方のせいじゃなくて、ほんとに急なんです!!
e0247181_20212385.jpg

[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 20:29 | 2013ローマ | Trackback

7月22日(月)バニョレージョからチヴィタへ

バスは、田舎道を走ります。
この畑のブドウは、白ワインになるんでしょうか?
e0247181_19472071.jpg


40分ほどして、終点のバニョレージョに到着しました。
乗客は、中国人の女の子、日本人親子、私たちだけになっていました。
下りてまず、帰りの時刻表を確認します。
(調べてたのと同じでした。)
e0247181_19533243.jpg


ここからの道は、いろんな方のブログで下調べしておいた通りに歩くだけです。
バニョレージョの朝市でしょうか?
果物屋さんやチーズ屋さんなどがありました。
e0247181_19565045.jpg

e0247181_19582465.jpg

途中、おじいさんに話しかけられました。
「コンニチハ。ワタシ、ニホンゴガスコシハナセマス。」
こんな田舎でビックリ!
こんにちは!と挨拶して、先を急ぎました。まだまだ先は長いのです。

脇道もかわいい。
e0247181_1958368.jpg

e0247181_19584891.jpg

e0247181_1958588.jpg

途中に看板がありましたが、なんとなく角度がおかしい。。。
う~ん。。。と悩んでいると、後ろから来た車にプップーと鳴らされました。振り返ると、オジサンが「チヴィタ!」と言って、あっちだよと指さして教えてくれました。ありがとう!オジサン!!これで違ってたら、どこまで引き返していいのかサッパリわからん。と思いつつ、オジサンの指さす方へ歩きました。

見えたー!!!
e0247181_19591950.jpg

遠いけど、確かにありました。
[PR]
by tabi-memo | 2013-08-14 20:08 | 2013ローマ | Trackback