ブログトップ

旅のメモ

tabimemo1.exblog.jp

カテゴリ:2012台北( 59 )

7月22日(日)天燈をあげる(その2)

飛ぶまでは帰れない!!!
というわけで、もう一度、同じことを(軽めに。笑)書きました。

まずは、油を染みこませた紙のお金(お供え用)をセット。
e0247181_21313288.jpg

次は、お店のおばあちゃんだけでなく、おじいちゃんも出動。
e0247181_19284029.jpg

おじいちゃんのヘルプで、天燈はぐんぐん天に上りました♪
e0247181_21315834.jpg

e0247181_2132951.jpg

e0247181_21321717.jpg

e0247181_21323161.jpg

頼むよ~

私たちの天燈上げが終わると、とっととお昼寝に戻るおじいちゃん(笑)
e0247181_21324324.jpg

私たちも、ほっと一安心。
ずっと何も食べてなかったので、ここでマンゴーカキ氷休憩。90元ナリ。
e0247181_21325435.jpg



 ちなみに、2回目の天燈はタダでした☆
 おばあちゃん、責任感じたのかな~?
 気にしてないからダイジョウブよ(笑)
 (2回目は、成功したしね☆)
[PR]
by tabi-memo | 2012-07-27 21:40 | 2012台北 | Trackback

7月22日(日)天燈をあげる(その1)

トラベリックスで見た天燈屋さん、『三姐妹天燈』へ。
色ごとに意味があるので、念入りに天燈を選びます(笑)
e0247181_21123689.jpg
で、欲張りな私たちは、4色をチョイス☆
150元ナリ。

言葉も自由に書いていいけれど、天に届きやすいように(?)
こちらの一覧表から選んで書いて見ました。
e0247181_2114717.jpg
e0247181_21142424.jpg


四字熟語の下には、書けるだけ書きたいことを♪
よくばりすぎるくらい、書き込みました。
e0247181_21145119.jpg
e0247181_2115558.jpg




・・・それが悪かったのか(涙)
揚げる瞬間に突風が吹き、私たちの天燈は飛ばずに燃えた。。。


お店のお孫さん(高校生くらいの女の子)は、
『風ガ強カッタカラネ~。ザンネンダネ~』と言っていた。

が、
おばちゃんたちは残念では済まされないんだよ!!!
というわけで、リベンジ☆
[PR]
by tabi-memo | 2012-07-27 21:21 | 2012台北 | Trackback

7月22日(日)十分老街への帰り道

猫ちゃんに別れを告げ、十分老街へ。

線路沿いを歩いていくと、この橋があります。
意外に揺れる~(笑)
みんな傘をさしてるけど、これは日傘。暑いです・・・
e0247181_20563070.jpg

橋の上から、線路を見たところ。
タイミングがよければ、電車が見られます。
e0247181_20564855.jpg

橋をすぎて、橋を渡る人を見たところ。
e0247181_20565880.jpg


十分老街に戻りました。
タイミングよく電車が♪
e0247181_20571160.jpg
e0247181_20572282.jpg

[PR]
by tabi-memo | 2012-07-27 21:02 | 2012台北 | Trackback

7月22日(日)十分瀑布的猫

十分瀑布から線路沿いに十分老街へ向かう途中、
第一台湾猫、発見!!!
e0247181_2039044.jpg

通る人、みんな相手になっていきます(笑)
e0247181_20391238.jpg

首の後ろには、『十分瀑布的猫』との表示。
大事にされてるのね。
e0247181_20392516.jpg

[PR]
by tabi-memo | 2012-07-27 20:41 | 2012台北 | Trackback

7月22日(日)十分瀑布

十分老街から線路沿いにてくてく。

線路を渡ってすぐを左折して、ひたすら、てくてく歩きます。
私たちは間違えて、車の通る道をひたすら歩き(20分くらい)、
途中でたけのこ掘りをする村人に出会い、
裏側と思われる、けどきれいで涼しいウッドデッキを歩いて、
正面に来ました。

私たちのルートだと、
この前に線路があって、線路をはさんだ向かい側に出てきます。
(ちょうど電車が来て、ビックリ!!!)
e0247181_20143727.jpg

80元の入場料を払って入ると、
正面にこの方が迎えてくださいます(笑)
e0247181_20145361.jpg


そして、楽しみにしていた十分大瀑布。
台湾のナイアガラ!

どこ?
e0247181_2015487.jpg

???
e0247181_2015156.jpg


雨量が少なかったようで、ナイアガラとは行きませんでした。
残念。
でも、涼しかったです。

長居したかったけど、またまた十分老街へ戻ります♪♪♪
[PR]
by tabi-memo | 2012-07-27 20:24 | 2012台北 | Trackback

7月22日(日)十分老街

♪世界の車窓から♪のテーマソングを心で口ずさみながらの旅も、
一時中断。
9:11、十分駅に到着です。

降りると、すぐにこんな銅像が。
e0247181_2248730.jpg

電車はめったに来ないので、線路の上を歩いても大丈夫☆
e0247181_22481814.jpg

両サイドにお店が並んでいます。
e0247181_22484069.jpg

ガジュマルの木の下、という名前のお店。
なんか、とっても雰囲気のあるお店です。
e0247181_22485264.jpg


入ってみたい気持ちにかられましたが、まずは、十分瀑布へ!!!
[PR]
by tabi-memo | 2012-07-26 23:07 | 2012台北 | Trackback

7月22日(日)平渓線

同じ電車に、登山客のようなハイキング客のようなグループがいました。
年齢層も幅広く、服装もまちまち。
おじいさんは、肌シャツに長靴といういでたち(笑)
どこまで行くのかしら?

台北から電車(区間車)に乗って、35分で八堵に到着。
e0247181_22131864.jpg


同じプラットホーム(月台)で待っていると、かわいい電車が到着!
花布模様です♪
e0247181_22152899.jpg


中はこんな感じ。
この車両は、私たち二人と、大学生くらいの女の子の3人だけでした。
さすが始発!
e0247181_22153950.jpg


壁には地図が。
e0247181_22155478.jpg

行き先を見ていたら、車掌さんが『どうしたの?』という感じで話しかけてきました。
(行くと分かっていたけど、)『十分。shifen。』と言ってみると、
『OK,OK』と言われました。
不安そうな観光客に見えたんでしょうか(笑)
[PR]
by tabi-memo | 2012-07-26 22:19 | 2012台北 | Trackback

7月22日(日)台鉄

今回、台鉄に乗るにあたって、切符の買い方をいろいろ調べました。
(心配性なんで。笑)

◆悠遊カードで乗る方法◆
台北駅でピッとして乗って、瑞芳駅でピッとして下車。
(指定席はとれないけど、悠遊カードの割引適用)
平渓線は悠遊カードが使えないので、瑞芳から十分までは切符を購入。
乗り継ぎの時間が短いので、切符を買えるか不安。

  瑞芳駅のホームに、ピッとする機械がありました。
  そこでピッとしてから、平渓線に乗り換えるようです。
  平渓線の乗り放題チケットを持っている(または買う)場合は、
  ベストな方法かも。

  くれぐれも、瑞芳駅で平渓線に乗り換える前に、
  悠遊カードをピッとするのをお忘れなく!!!

  (次に使うとき、エラーでロックがかかるそうデス。)


◆券売機で買う方法◆
こちらも指定席がとれないけど、言葉が通じなくても買える(笑)
ただ、台北から十分(平渓線)までが買えるのか不明。

  (平渓線の乗り放題チケットを買う場合、)
  台北から瑞芳までなら、券売機でも問題なく買えます。


結局、こちらの方法で切符を購入しました。
   ↓ ↓ ↓
◆窓口で買う方法◆
言葉は通じないけど、前もって調べておいて、メモを見せればOK
  ----------------------
   2012年7月22日(星期 天)
     台北→八堵 区間車 車次4148 7:35発
     八堵→十分 車次4712 8:17発
     単程票(片道、の意味)     2枚
  ----------------------

結局乗ったのは区間車なので、時間まで書く必要なかったかも?
でも、プラットフォーム(月台)を探すときに、車次が分かれば探せます。


平渓線乗り放題チケットを購入することも考えたけど、
八堵は乗り放題チケットの対象外。
それに、乗り降りしないかも?
できるだけ電車は座りたいし(笑)、
だったら始発の八堵から乗ったほうがいいよね。
・・・という葛藤の末、この買い方で、台鉄に乗りました♪


***************************************
 念のため、台鉄のHPリンク貼っておきます。→

 ◆電車の時刻の調べ方◆

  起程站(出発地)
  到達站(目的地)
  選擇車種(列車の種類を選ぶんだと思う・・・)
    『對號列車』  自強号・莒光号など(多分)
    『非對號列車』 区間車など
    『所有車種』  全ての列車
  選擇查詢日期(日と時間を選びます)
    『日期』 カレンダーからも選べます
    『時間』 よく分からなかったので、0:00至23:59のまま。笑
  全部選んだら、【查詢】クリック☆


  丁度いい電車を見つけたら、メモして窓口へ。
  言葉が喋れなくても、問題なく切符が買えます♪
  (你好と謝謝が言えれば、没問題☆)
****************************************
[PR]
by tabi-memo | 2012-07-26 21:51 | 2012台北 | Trackback

7月21日(土)士林夜市

MRTに乗って、お隣のMRT剣潭へ。
ここが、士林夜市の最寄り駅です。

まずは散策するつもりで、有名なカキ氷屋さん『辛發亭』を探しつつ散歩。
狭い道に、すごい人。
なんで混んでるの??と思ったら、辛發亭に入る人の列!!!
見つけたはいいけど、あまりの列の長さにあきらめました(笑)

そして、あっちへぷらぷら、こっちへぷらぷら・・・
適当に歩いていると、『B1美食区』を発見!!
前に来たときは、駅の左側にあったのに~
ナビで地下に移動したのは知ってたけど、突然現れてびっくり。

まずはぐるっと1周して、スイカジュースとマンゴーミルクを購入。
そして、焼きたての胡椒餅をひとつ。
座って何を食べようかと話していたら、かなり混んでるお店を発見。
e0247181_2036922.jpg

e0247181_20363911.jpg

ここにしようか?と話していたら店員さんと目が合って、
ここに座れと(ジェスチャーで)いわれ、すぐに座れました。

写真はカキオムレツ(おあちぇん)と胡椒餅。
これ以外に、イカスープと、魚のつみれいり麺を食べました。
e0247181_20374388.jpg


そうそう。
この向かい側に高校生くらいの女子二人が座ったんですが、
なんと、彼女たちは臭豆腐を注文(笑)
私は好きなので、『美味しそう~』と思ってみてたけど、
初台湾、初臭豆腐の淳ちゃんはびっくりしてました(笑)

そして、地上に戻って、マンゴーカキ氷を♪
カキ氷の部分もマンゴー味で、カキ氷というよりシャーベット。
美味しかった~
e0247181_20382876.jpg


そして、ふとわれに返ると・・・
美食区と駅の位置関係が、全く分からない!!!!!
どーしよ。
ここ、前に来たことある。
この先に、美味しい臭豆腐のお店があったはず。(あった!)
あぁ、でも、どっちが駅か分から~~~ん!
この、漢方スープのお店!前に入ったことある!
この先に駅があったような。。。

20分くらい彷徨ったでしょうか・・・
気づいたら、美食区に戻ってました。。。(涙)

なんと!美食区の正面に駅が?!
反対側に出て、ぐるっと回って、また戻ってきたみたい(笑)

****************************************

これから行こうと思っている方は、ナビで下調べを。→☆
せめて、位置関係だけでも(笑)

****************************************

そこからは迷うことなく、ホテルに帰れました。
初日は、23時就寝。
明日は早起きして、十分瀑布に行きます♪


[PR]
by tabi-memo | 2012-07-26 21:18 | 2012台北 | Trackback

7月21日(土)故宮博物院

荷物を置いたら、すぐに出発!
まずは、MRT民権西路駅で、悠遊カードにチャージ。
最後に使ってから2年以上経ったカードでも、チャージすれば使えるようになります。
前回の106元が残っていたところに、300元チャージしました。

MRTに乗って、MRT士林駅へ。
駅を降りてまっすぐ行き、道を渡らずに少し右にいったところがバス停。
私たちが乗ったのは、『紅30
ほかに、2種類のバスがあります。(張り紙アリ)
この3種類だけが、故宮博物院の真正面まで行くバス。
それ以外は、坂の下までしか行かないそうです。(注意!!)

土曜日は、17時から20時半まで無料開放。
タダで見学できます♪
有名どころの、白菜と豚の角煮を目指して3Fへ。
そこから他の展示を見ながら、下りていきました。
3Fは、細かい彫刻なんかが多く、見ごたえ充分!!
2Fは、書が多かったので、ささっと見ただけでした。

夜はライトアップされて、とてもキレイです。
e0247181_19593490.jpg


見学後、降りたバス停から乗って、MRT士林駅に戻ります。
(30分~1時間に1本程度しかないらしく、要注意です。)
[PR]
by tabi-memo | 2012-07-26 20:01 | 2012台北 | Trackback